社会福祉学

福祉学は、社会資源や社会システムを活用して、人々が幸せで安心して暮らせる社会を作り上げることを目的とした学問です。
老齢者、児童、心身の不自由な人、生活に困っている人の相談に応じ、それぞれが安全、健康に生活を送るための社会環境や社会制度、地域のあり方、援助システムを研究します。
社会福祉の分野では、大学によっては、社会福祉学、人間福祉学、医療福祉学、あるいは保健福祉学、健康福祉学などの名称が用いられています。
学科としては、社会福祉学科、介護福祉学科、生活福祉学科、人間福祉学科、現代福祉学科、コミュニティ福祉学科、福祉文化学科、福祉経留学科、福祉貢献学科、福祉心理学科、福祉情報学科、生活福祉学科、精神保健福祉学科、ソーシャルワーク学科などがあります。
専門分野には障がい者福祉、児童福祉、老人福祉、地域福祉、企業福祉、社会保障、援助技術などがあります。
また、スポーツ科学や健康科学などの観点での学びや、生活支援にとどまらす健康をテーマとする福祉も追究していきます。
1年次に社会福祉学全般の基礎科目と、各専門分野の基礎科目を並行して学びます。
2.3年次に各専攻に分かれたうえで、介護概論、地域福祉論、障がい者福祉論などの専門科目を履修します。
社会福祉に関連する資格取得を想定し、各種福祉施設などで実習を行うケースワークも含まれています。
●社会福祉士●社会福祉主事任用資格●身体障害者福祉司任用資格●知的障害者福祉司任用資格●児童福祉司任用資格●教員免許 etc.
社会福祉学が学べる学校
日本福祉大学
日本福祉大学