理工学

理学とは、自然科学系の基礎研究を行う分野の総称で、数学、物理学、化学、生物学、地理学などが含まれます。
学際的領域を重視し、実験や観察を通して、自然現象についての法則や原理を導くための基礎研究を行い、理工系のあらゆる分野に通用するオールマイティーな力を身につけるとともに、サイエンスのおもしろさに出合える学問分野といえます。
伝統的な学問を融合した学際的な手法を特長としており、例えば、「環境」「情報」「物質」「生命・バイオ」「システム科学」といったテーマがあります。
学問手法として、理工学系から社会学系まで、あらゆるジャンルの研究者が集まってくることが特長でもあり、専門を異にする人とたちの中で、理学から工学の幅広い分野を学ぶことができます。
数学は、数や図形、集合といった抽象的な概念を取り上げ、それぞれの構造と原理、関係性などを論理的に追究していく学問です。
数学は医学、物理学、化学など理工系の学問の基礎をなします。数学研究は伝統的な流れの中で発展してきた領域の「純粋数学」とさらに発展的に体系づけられた「応用数学」に分類されます。
「純粋数学」は幾何学、代数学、、解析学および数学の公理や理論を究める数学基礎系などで構成されています。
もう1つの「応用数学」は、近代産業の発展に伴って応用されてきた領域で数学の知識をコンピュータに応用する方法を研究します。
「情報数学」「確率論」「数理計算法」「ゲーム理論」「計算機科学」「応用統計学」などを学習します。
工学は物理学・化学・数学などの基礎的科学を応用して、大規模に物品を生産するための方法を研究する学問である。
幅広い分野があり、それぞれにおいて大きく異なるが、工学において基礎的に必要となるものは、数学(算数)、物理、生物、化学(理科)そして英語力である。
  工学分野の建築系では、造形、構造学、建築、材料などの領域の学問を学ぶ。
化学系では、ナノサイエンス、バイオテクノロジー、エネルギーなども学ぶ。
また、機械系では、熱力学、機械加工、流体力学、制御理論などの高度な学問を学ぶことになる。
中学等で学んだ理科等の、より高度な専門的科目を学ぶこととなる。
工学はその目的を達成するために、新しい知識を求め統合し、応用するばかりでなく、対象の広がりに応じてその領域を拡大し、周辺分野の学問と連携を保ちながら発展する。
したがって、工学の定義は時代とともに変化すると言える。いずれにしても、技術を体系づける学問である。
●教員免許●測量士●博物館学芸員●技術士 etc.
理工学が学べる学校
大阪産業大学
京都産業大学
大阪工業大学
大阪産業大学