理学療法

理学療法士とはPT(Physical Therapist)と呼ばれ、病気やけがで身体に障害が生じた人の機能回復を図るため、リハビリテーションを通じて社会復帰へのサポートを行います。
運動療法を中心に、機能を失った身体の患部への理学的療法も行い、基本的動作能力を最大限に回復するようにはたらきかけます。
例としては、「寝返る」「起きる」「座る」「立ち上がる」「歩く」などの基本動作をできるようにすることです。
理学療法の対象は、脳卒中による半身マヒ、交通事故による障害、スポーツ障害、筋肉や骨の病気などさまざまで、年齢層も子どもからお年寄りまで幅広いものがあります。
これらの人たちにリハビリテーション医療で治療に当たるのが理学療法士であり、理学療法は純粋な医療行為として位置づけられています。
治療は、医師の指示をもとに医療スタッフと連携して治療計画を立てて行いますが、忘れてはならないのは対象者本人の回復への意欲を高めるように働きかけることです。
具体的には、麻痺した機能の回復のための運動療法や機器を用いた物理療法、マッサージなど、残存機能の活用指導などを行います。
理学療法士の活躍の場は多岐にわたっています。
病院、診療所はもちろん、身体障害者更生施設、特別養護老人ホームなど、また最近ではスポーツ関連や健康産業、福祉機械メーカー等の企業にも進出しています。
●理学療法士資格 etc.
理学療法が学べる学校
甲南女子大学
神戸リハビリテーション福祉専門学校
大阪河﨑リハビリテーション大学