保育

保育士は、保育園、養護施設、などの児童福祉施設で、乳児から小学校までの子供たてが健やかに育つよう、保育所などで保育を担当します。
両親が共働きなどにより、家庭で子供を養育できない部分をサポートしたり、不十分なところえを補って、仕事と育児の両立を目指す家庭を支えていきます。
さらに、親と子供のコミュニケーションが上手くいくように務めるのが基本的な役割となります。
保育士になるためには厚生労働省が定める保育士の資格が必要です。
ピアノや工作といった実務で必ず必要となる技能を養う実習の他、心理学、コミュニケーション、保育理念、一般教養の習得を目指した座学講義を受講します。
学習がある程度進むと、実際の保育園で実習があるので、保育士の仕事の模擬体験が可能で目的を達成する為の適切な支援術、技能を養います。
保育が学べる学校
京都保育福祉専門学院
大阪保健福祉専門学校
関西保育福祉専門学校
南海福祉看護専門学校